カジノにおけるブランディングとギャンブル産業で成功する方法

昨今のオンラインカジノ(オンカジ)の盛り上がりに便乗して、自分でオンカジサイトを開業する人が増えています。もちろん開設するには膨大な初期投資が必要で、様々な苦労が伴います。その中でも素人の方が苦労する大きなパートは、開設した自らのオンカジサイトのブランディングでしょう。大金賭けていざ始めたところで、誰にも存在を知られず、利益が1円も出ないような状況では全く意味がありません。

では、成功しているオンカジ運営者達は、どの様な方法でブランディングしているのでしょう?6つの大事な要素をまとめてみたので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね! 

1.事前に広告を出す

多くの方がオンカジを開設した“後に”お金を払って広告を出しています。ここが結構大きなやってしまいがちな間違いなのですが、効率良くビジネスを成功させるためには、本格的に始動する“前に”潜在的な顧客にアプローチ方法を考えることが重要です。例えば、既に持っているInstagramにビジネスアカウントを追加で開設し、そこで新しいカジノの広告を1ヶ月前から運営して行くだけでも効果はあるでしょう。

2.印象的なロゴを作る

ブランドを確立するための要素は数多くありますが、その中でも最適なロゴを作成するのはとても大事。センスがあれば自分で作れる人もいるでしょうけど、多くの方がそうでは無いと思います。報酬も貰って活動するプロのグラフィックデザイナーに任せるのはロゴのクオリティーなどを考えると投資の価値は大いにあります。

3.カスタマーサポート 

オンカジなどをまとめて通称でiGamingと読んだりしますが、この業界で成功する可能性を高めるもう一つの鍵は、顧客に素晴らしいカスタマーサービスを提供することです。何か問題が起きた時に素早く対応をしてくれない様なオンカジに顧客は寄り付きません。

4.ターゲットオーディエンスを決める

オンカジのブランディングのプロセスの中で最も簡単な部分だと言われているのがターゲットを決める事です。人口統計を見ても少子高齢化の世界においては、20代だけに特化したサービスを作るよりも、40代、50代の使用者も取り込めるようなブランディングを意識しましょう。また、オンカジをする人の性別で言うと男性の方が圧倒的に多いので、そこもブランディングにおいては意識するべきポイントでしょう。

5.顧客が得するキャンペーンを考える

割引きや特別なキャンペーンという文字に不快感を覚えるユーザーは果たしてどの位いるでしょうか?“初回限定割引”という言葉があると、複数使っているサービスがあってもそっちを使ってみたいと思うのが一般的な人間の心理だと思います。

ポイント制度の導入も良いでしょう。何度もリポートして利用したいと思ってもらえる様なサービスを作る事で、サービスの知名度も上がり利用者も徐々に増えて行くことでしょう。

6.安全な支払いシステム

これはブランディングとは少し趣旨が違いますが、安全な決済システムを導入する事もとても重要です。これは顧客側ももちろん、運営する側にとっても共通して言える事でしょう。

オンライン上で全ての決済をしなければいけないオンカジサイトでは、利用者が増えれば増える程、取り扱われる金額も膨大な額になって行きます。そして、個人の決済情報なども数多く登録される事でしょう。信憑性の低い決済システムを導入して問題が起き、顧客に何らかの損害が出てしまった時に責任を取るのは運営側だと言う事を覚えておきましょう。

お金をかけてでも安全なプラットフォームを顧客に提供するというのは、賢い投資だと言うことが分かるかと思います。